« 借金20億円! | トップページ | 殺虫剤混入「中国での可能性極めて小さい」? »

「総合力」で選ぶ薄型テレビ

  HDD録画やアクトビラ対応など、付加機能がカギ

0801152aAV機器は“高画質”がスタンダードになり、各メーカーから「フルHD対応テレビ」の新製品が出そろった。射程圏内に入った薄型テレビだが、長い間使うものだけに、製品選びは慎重に行いたい。そのためには、これらの製品を取り巻く現状と今後の流れについて知っておく必要がある。

薄型テレビは「37~42型が人気」で、新製品の多くはフルHDパネルを採用している。解像度もさることながら、その画質は一定レベルをクリアしている製品がほとんど。「薄型テレビの画質は『良しあし』ではなく、『好み』で選ぶ時代になった」とどれも十分合格点、あとは自分の好み次第というところまできた。となると、今後は画質以外の機能が製品選択の重要なポイントとなる。

注目したいのがHDD録画機能。東芝のZシリーズは、USB接続したHDDへの録画が可能。同シリーズのユーザーで「HDD録画機能を使っている割合は約7割」(東芝)にもなるという。HDD録画機能は「録画番組を見たら消す」というタイムシフトユーザーの利用が多く、今後の薄型テレビの標準機能になるとみられている。

0801152b動画配信サービスへの対応も標準機能の一つになりつつある。松下電器産業、ソニー、シャープ、東芝、日立製作所などが出資する「アクトビラ」は、07年9月から動画の配信サービスを開始。今後は動画のラインアップを充実させ「レンタルビデオの置き換えを狙う」(アクトビラ)。主要テレビメーカーが出資しているということもあり、将来的には多くのユーザーに受け入れられる可能性を秘めている。こういった付加機能の充実度が、製品を選ぶうえで大きな比重を占めるようになるのだ。

売れ筋である40型クラスの製品のうち、25万~35万円のボリュームゾーンのモデルを選び、機能や使い勝手を比較した。結果、機能、使い勝手、画質のすべてがバランスよくすぐれていたのが、東芝の「REGZA 42Z3500」だ。

まずチェックしたのはHDD録画機能。「42Z3500」はテレビ単体での録画は0801152eできず、市販のUSB接続型HDDが必要になる。テレビ側で受信した映像をUSB経由でHDDに録画する方式。他機種ではHDDユニット自体にチューナーを内蔵し、2番組同時録画ができるものもあるが、42Z3500で同時録画はできない。しかし一方で本機は、テレビのEPGから番組を選択するだけで録画予約でき、操作の一体感にすぐれていた。「HDDを接続する」というと難しく感じるかもしれないが、使い勝手はシンプルで簡単だった。また、250GBの外付けHDDであれば1万2000円程度で手に入る。コストパフォーマンスにも優れているといえそうだ。

次にEPG(電子番組表)。薄型テレビを使ううえでEPGの存在は外せないが、東芝のEPGは「見やすさで群を抜く」。認識しやすい文字の形や色使いなど、細部に工夫があり、他社より明らかに使いやすい。また、リモコンはボタン数が多いが、BSデジタル、地上デジタルのチャンネルボタンが分かれており、切り替えを意識することなくダイレクトに選局できるのが特徴だ。

最近注目されている動画配信サービス「アクトビラ」への対応も調べた。42Z3500は文字情報が中心の「ベーシック」のみの対応。ただ、東芝は「“H.264エンコーダーチップ”を搭載済み」と語っており、技術的にはビデオの上位版である「ビデオ・フル」まで対応できるようになっている。ファームウェアのアップデートは08年4月に実施する。

将来性という意味では、HDMI端子の数にも注目したい。主流のモデルは2~3端子の製品が多く、ほとんどの場合、レコーダーとの接続に使われている。しかし、最近はゲーム機のほかデジカメなどにもHDMIが採用されつつあり「3つでは足りなくなる状況はすぐそこまできている」(大手メーカー)。HDMI分配器を使う、という手段もあるが、将来性を考えると、初めから端子数の多いものを検討しておいたほうがよい。この点、42Z3500はHDMIを3端子用意している。

機能や操作性も大切だが、テレビである以上、やはり画質や音質は気になる。ここでも42Z3500は優れていた。人物の肌は他機種と比べるとやや赤めに表示されるが、再現性はいい。全体的に立体感があり、階調も豊富に感じた。音質もチェックしたが、音量を最大にしてもバランスが崩れず、破綻しなかった。

映画視聴時や、音質だけを見た場合など、要素によっては他機種のほうが優れている部分もある。しかし総合的にみると、42Z3500のバランスの良さが際立つ。結局、同機種は機能や操作感、画質・音質など3項目のすべてにおいて高めの評価で、買いの1台といえる。

REGZA 42Z3500(東芝)
実勢価格25万8000円

●画面/42型●サイズ・重さ(スタンド含む)/幅102×高さ69.9×奥行き35.2cm・28.4kg●地上デジタルチューナー/2

|

« 借金20億円! | トップページ | 殺虫剤混入「中国での可能性極めて小さい」? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/462865/10801846

この記事へのトラックバック一覧です: 「総合力」で選ぶ薄型テレビ:

» 運営方針 [情報商材無料プレゼント係]
当サイトでは、高額に販売されている情報商材を安価で皆様に提供できないかということを基本理念として運営しております。しかし現状は、情報商材は情報提供のみにもかかわらず、発足から数年たった現在も、高額で販売されています。そこで、情報商材の販売者に協力を求め、双方の利益を守りつつ情報提供が出来ないかと考え、考案されたのが当サイトの形態です。勿論、無料でプレゼントさせていただいている情報は、全て情報販売者の許可を取り、部数等を限定しています。プレゼント提供の為の商材も情報に関連した広告のみを厳選し、提供させ... [続きを読む]

受信: 2008年2月27日 (水) 23時35分

« 借金20億円! | トップページ | 殺虫剤混入「中国での可能性極めて小さい」? »